2008年05月29日

ピンクのドット

080529.jpg


グロッシーなピンクベースにほわほわのドットのネイルにしてみました。

サークルパンチングで丸のマスキングを作り、スポンジでアクリル絵の具をとんとんしてます。
確か以前雑誌に載っていた方法だと思います。
可愛かったのでいつかやってみたいなーと記憶に残っていたのを再現してみました。
濃いピンクと薄いピンクの2色でドットを、白はアウトラインだけ。

ベースはシャネルの445ローズグロスです。
先週のサングロスと違い、2度塗りでツヤツヤの青味よりピンクが発色します。
今はジェルネイルが流行のためか、エナメルポリッシュもツヤ重視の透明感のあるものが主流ですよね〜。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

ヌーディフラワー

080521.jpg


シャネルの443サングロスを眺めていて。
思いっきりヌードベースなアートがしたくなりまして。

この限定色、何の意味があるの?というくらい塗っても色がつきません。
と思っていたら、手を遠くにひらひらかざしてみると、ほんのり桜色の爪になっているんですね。
侮りがたし。

とてもキレイな自爪、という下地ができるので、その上に爪先だけ透明銀ラメをほんのりかけて、エンボスで白いお花をのせました。
花芯もシンプルにクリスタルのスワロで。
カラーレスのアートです。

もう少しラメの部分が多くてもよかったな、とか、花の位置に動きがあったほうがよかったな、とか細かな反省点はありますが、けっこうお気に入りのアートになりました。
盛夏のころにリベンジしてみよう。

サングロス、意外と仕事するなあ。
在庫残っているところがあったら買い足しておこうかなあ。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ネイルピアス

080514.jpg


コレは何か。と申しますと、爪に穴を開けることなくピアスができる、というものです。
以前から気になってたんですよねー、コレ。
プラザで見かけたので買ってみました。

さっそく試しに装着!
って・・・。
入らなーい!!

う・・・。

板が2枚になるような恰好で溝がついていて、そこを爪先に挟み込ませて、上の小さなネジで止める。
という構造のものなのですが。
うまく入らないのですよ・・・。
ネジがきついのかしら、とはずしてから、無理やりぐいっと押し込んだら、「ガリッ」。
ガリッて・・・バリ出てるし・・・。

私の薬指の爪のCカーブがきつすぎるのかもしれません。
それに作りのひとつひとつが大振りなので、普通に伸ばしている程度の自爪だと、ほとんどこのピアスで覆われてしまう。
なかなかお手軽にってことにはならないですね。

Cカーブがゆるくて爪が大きく長さもある方ならいけるかもしれません。
種類はけっこういろいろありました。
透かし彫りみたいな蝶がチャームとしては可愛かったかな。
大きいけど・・・。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイルグッズやケアなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

忘れな草

080508_1.jpg


自家製押し花を使ったネイルです。

ベースはレッドに偏光するパールが入ったシアーなピンク。
淡い色なのですが、偏光パールのおかげでピンクが強く見えます。
爪先よりに、勿忘草を押し花にしたものを置いて、押さえのためにも上から透明な細かいシルバーラメを2度かけてあります。

ベースが乾かないうちに押し花をのせて、リムーバーを含ませた筆でなでつけたらピッタリ貼れました。
上から透明ラメで押さえて、これで1週間は浮かずにもちました。
問題点としては・・・草くさい! 爪先が。
翌日くらいまでは干草のにおいがしました。
でも自家製なので、農薬とかの心配もないし、まあいいのかな。
あとはどうしても少しずつ退色してしまうこと。
2〜3日で青の色素が抜けてきて、赤紫のお花に。

080508_2.jpg3日目でこれくらいな感じ。

その後、4〜5日でこの色素も薄くなっていきました。

勿忘草の花のような青色を残したいのなら、リタッチが必要だと思います。
押し花の技法としても、色を鮮やかなまま残すための着色というのはあるようです。
この場合の絵の具はアクリル絵の具で良いようです。
でも、赤紫の状態もほわんとしてキレイだったので、色の移り変わりを自然なものとして楽しむのもアリかなーと思います。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

アパタイトのクローバー

080502_1.jpg



080502_2.jpgアパタイトを使ったネックレスとピアスのセットです。

きれいな水色のアパタイトなのですが、扁平で小さなマロン型という形がなかなか使いどころがなくて、ガラス管の中でずっと眠っていた石です。
四葉のクローバーの形に組もうと思い立って、やっと日の目を見ました。
クローバーの形を固定するのに四苦八苦して、テグスで引き締める方法に落ち着いたころには、せっかく合わせるつもりだったクローバーネイルがもうチェンジ時期に。あうー。

まあ涼しげでこれからの季節に活躍してくれそうなので良しとします。


他に使った石は、シトリン、ペリドット、アベンチュリン、淡水パール。
アパタイト、シトリン、ペリドットが透明度の高い石なので、アベンチュリンと淡水パールをアクセントに置いてみました。


080502_4.jpg
posted by くー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 天然石ビジュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。