2010年03月15日

透明な薔薇を連ねて

VIOLET 1.jpg

手描きのバラを爪先に連ねてみました。

透明感のある線描きのバラ、こんなようなシールがあるんですよね。
ぶーさんのところと、明希さんのところで見かけて、可愛いな、と思ってました。

Dior 183.jpg

ベースに、半透明のラベンダーカラーにちょっと大きめのレインボーラメがキラキラ入ったポリッシュを2度塗り。
爪先にバラを線描きすることを想定して、マゼンタピンクとグリーンのポリを薄めてバラの下地塗り。
その上からポスカの白を細筆にとって、バラっぽいものをアウトラインのみで描いてみました。

VIOLET 2.jpg

もちろんシールの完成度にはほど遠いことはわかっているのですが、好きな位置、好きな大きさに描けるところがペイントの魅力でして。
何より安上がりでお手軽なもので・・・つい、ちまちまっと描いてしまう。

フィギュアスケート、ジュニアワールド男子シングルは日本選手の優勝でした。
8年前、ソルトレークオリンピックでは、本田君がもう少しでメダルに手が届きそうだった4位(日本男子歴代最高位)、そしてその直後のジュニアワールドで高橋君が優勝(日本男子初)という、快挙!な年でした。
ようやく、すっごい長い年月を費やしてようやく日本男子シングルもここまできた、と感慨深い年だったように思うけれど。
あれから8年、高橋君はバンクーバーで銅メダル、そしてジュニアのほうは歴代最年少2番目(1番はプルシェンコの14歳)15歳の優勝。
ちなみに今年は女子シングルでも優勝、ペアは2位でした。
もちろん「おめでとう!!!!」なんですが・・・出来過ぎで、素直に喜び爆発というより、なんというか「お、お、おおぉぉぉ・・・」な複雑な喜び方になってしまった。
いつの間に、フィギュア大国、日本。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 01:17| Comment(12) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。