2010年06月21日

CHANCE

BALLERINA 1.jpg

タイトルはこの春一番に新しく発売されていたシャネルのフレグランスです。
チャンス・オー・タンドゥル。そのイメージへのオマージュ・ネイルです。

春先にシャネルのカウンターには大きなヴィジュアルがあったかな。
届いたDMにもその写真があったのでパチリ。
こんな感じの。

CHANCE.jpg

可愛いんです、本当に。

公式にメイキングもありました。
http://chance.chanel.com/ja_JP/

メイキングのほうでモデルさんが着ている、白い小花がたくさんついた服は、ラガーフェルドのデザインによるもので、体にまとっているピンクの花もデザインしているみたいです。

それをオマージュというのも恐れ多いワケですが、ネイルにできないかなぁとずっと考えていたので、勢いでこんなの作っちゃいました。

CHANCE花2.jpg CHANCE花1.jpg

樹脂粘土でーす。えへへ。
シリコンのゴムに留めて、指先につけられるようにしてみました。

BALLERINA 2.jpg

アートのほうは、まあ毎度な感じです。

CHANEL 167.jpg CHANEL 445.jpg

薄付きのミルキーなピンクを2度塗り、先端だけ半透明のピンクでほんのり色づけ。
アートはアクリル系のピグメント・インクでお花を描いてます。
奥行きをだすために、パール顔料で1段目を描き、2段目は不透明のホワイトで。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 21:18| Comment(12) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

グレームーンのトリコロールネックレス

トリコロール1.jpg

グレームーンストーンのコインを使ったロングネックレスです。

ムーンストーンというのも分類が難しい石で、ブルーのイリデッセンスが出るものが「ブルームーン」などという名で流通して、今はそちらのほうがムーンストーンのイメージになってしまいました。
ムーンストーン、ラブラドライト、さらにはペリステライトの違い、という難しい話はおいておくとしましても。
以前は、ムーンストーンというと、うまくするとシャトヤンシーが出るような、ぽうっと揺らぐような光の柔らかい乳白色のものを指していたような気がします。
今やそのタイプのムーンストーンを探すほうが難しい。
あのぼんやりとしたくぐもった光が好きだったのだけれど。

白いそういうムーンストーンはめったに見なくなりましたが、薄いグレーやオレンジのムーンストーンならあります。
そんなグレームーンストーンのコイン型が手元にあったので、群青色のソーダライトを合わせ、アクセントに小さい赤めのうを指し色に使って、ネックレスに仕立てました。
75センチと、ちょっと長め。

トリコロール2.jpg

「ネックレスの留め具が着けにくい!」というセルフネイル派の方たちの声を反映した・・・わけでもないんですが、留め具はトグルです。
これもポイントになるので、あえて前で止めてみたり。

トリコロール3.jpg

おそろいでピアスも作っておきました。
ころん、としたピアスになりました。

前回の記事中でもちょっと触れましたが、先週の日曜日は、ドレスコードがマリンスタイルという出版記念パーティーでした。
それでちょっとマリン風を意識したアクセサリーを急ごしらえしたというわけです。

いただいたご本、中身の本はもちろんとっても素敵なのですが、その本を入れた布の袋がまた可愛くて。
ちょこっとご披露。

utaugoen.jpg

これ、iPadがジャストで入るサイズ、らしいですよ?
posted by くー at 01:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 天然石ビジュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

バテンレース

LILY BEIGE 1.jpg

関東ネイルオフ会、私の参加ネイルはこちら。

ごくごく一部の方から、「ポスカで描いたフラットアートが見たい」というご要望があったようなないような。
ご期待に沿うよう、バテンレースを爪先に描いた、単純であっさりしたアートでの参加となりました。

CHANEL 451.jpg

チラチラと微細なシルバーパールラメが入った淡いピンクベージュを2度塗りしただけ。
あとはポスカの白の液だけ出して、細筆にとって、レースを描いてます。

「描いた部分がトップコートで流れないのか?」というご質問があったので、トップコートを紹介しておきますね。

Tammy Tayler.jpg

タミーテイラーのエアブラシ用『Aトップコート』です。

実は私も、アクリル系の絵の具で描いたものが、トップコートに引きずられるのが悩みの種でした。
ふとエアブラシ用のトップコートを使ったらいいんじゃないか、と思いついて、それ以来、流れることなくペイントを仕上げることができるようになりました。
このトップコートには紫外線カット剤が入っていて、それが青く光ってしまうのが難ですけど。
だから面倒でも、描いた部分のみ、先にこのトップコートで保護して、その上からいつものトップコートをかけてます。
紫外線カット剤が入っていないものもあるようなので、探してみようっと。

LILY BEIGE 2.jpg

バテンレースというのは、テープを型紙に合わせてかがって、テープとテープの間を縫ってレースにしたものです。
ドイツの貴族であるバッテンベルグ家が広めたため、バテンレースという名前がついてるみたいですね。知らなかった。

バテンレース.jpg

今年はバテンレースが流行とかで、当日着て行った服にも、このレースがたたいてありました。

本当は、その翌日に「マリンルックで参加のこと」というパーティーに出席予定があり、ネイルもマリン風にするつもりだったんです。
でも時間がなくて間に合わなかった。
マリン風というと、やっぱりボーダー。
ボーダー柄をポリで作って、それを乾かすとなると、時間かかりますよね。
その点、フラットアートは乾かす時間がいらないので、大幅な時間短縮になるという。
でもせっかくだから、こんなのにしよう、と温めておいたマリンネイルは近いうちにやってみますね。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。