2009年12月09日

09グランプリファイナル

過去記事を見ると、けっこうフィギュアの試合ごとに感想書いてたんですね、私。

今年のグランプリファイナルは東京開催だったので、現地観戦することができました。
高橋君ですが、ショートプログラムは「ああ高橋大輔がもどってきた!」と予感させる、素晴らしい出来でした。
本当は高橋君にとっては、この試合もまだ、修正点を確かめたり課題を見つけたりする場のつもりだったんだろうと思います。でもショートで予定外の高得点を出してしまい、フリーで困っちゃった、って感じでしたね。

正直、まだフリーを完全に滑りきることができていなかったり、見違えるように踊れていたショートも足元を見ると危なっかしい、など、完全復活だぁ!と喜べない現状ではあります。
でも、ショートが終わったとき、コーチについている本田君が泣きそうになって長光コーチに抱きとめられるのをテレビで見て、高橋陣営がどれほどギリギリの調整を続けているのか伺えて、胸が締め付けられるようでした。
どうか神様、彼に時間を。
どうかどうか、五輪に間に合いますように。
ファンとしてはそう願うしかないです。

バンクーバーオリンピックまであと2ヶ月。
posted by くー at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135097405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。