2013年07月30日

南の島へクルージング

130730_1.jpg

夏らしく、トロピカルフルーツのカラーをチョイス。
マンゴーとライムです。
白い丸フレンチをお皿にみたてて、フルーツソースで飾るみたいに。

Dior 205.jpg Dior 438.jpg Dior 602.jpg TiNS 002.jpg

親指はライム色、薬指はマンゴー色で太めのフレンチに。
他の指は、真っ白ポリで丸フレンチ。縁のほうに、ライムとマンゴーでしずく型にちょんちょんと。
余白部分は、光を取り入れるために、半透明ベースに微細なシルバーラメがたっぷり入ったポリを1度塗り。
最近、フレンチはこの手順で塗ることが多いです。
フレンチ部分が厚塗りになると剥げやすいので。

130730_2.jpg

キラキラさせたくて、スワロのクリスタライズをたくさん使ってみました。
グリーン系は、ジョンキル、ペリドット、フェーングリーン。
オレンジ系のほうは、サン、サンフラワー、ヒヤシンス。
フルーツジュレみたいな感じになったらいいなー、と思いながら。

アーティスティックネイルズ.jpg

クリスタライズをのせるときは、こんなの、使ってます。
もともと中身はホワイトパールでした。マジョリカマジョルカのアーティスティックネイルズ。
その空瓶にTiNSのトップコートを入れてます。
せっかくのクリスタライズの輝きの上からトップコートをかけてしまうのがもったいなくて、アート用の細い筆で石のまわりからトップコートを流し込む感じです。
TiNSのトップコートはさらさらなので、隙間に流すのにちょうど良いです。

Dior 12秋冬.jpg

今回用いたライムとマンゴーのカラーは去年のDiorの秋冬限定色です。
なんでこの季節にこんなカラー?と驚いたんだけど、『南の島へクルージング』ってテーマだった。
あえてのカラー展開だったのね。
色名も、まんま602がライム、438がマンゴー。
あともう1色、ウォーターメロンがありました。鮮やかなスイカ色。
春先に使うつもりでいたんだけど、結局夏真っ只中が出番となりました。

ところで・・・
今使っているノートパソコンが寿命で、画像整理に支障をきたしてしまっています。
今回の画像も何とかかんとかそろえたけど、すっごいストレス。
新しいノートの購入準備をすすめていますが、それが届いて移行するまで、ちょっと更新滞ります・・・。
そうでなくても更新まばらじゃん!という話もありますけどネ、どうか気長にお付き合いくださいませ。

posted by くー at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。