2014年02月27日

引退は終わりではなく

4年ぶりの冬の祭典、ソチオリンピックが終わりました。
なんといっても、羽生選手、金メダルおめでとうございます!
そして今回も日本男子陣、全員入賞です!おめでとう!


新採点になってから3回目のオリンピック、ですかね。
ますますこの競技の要求が厳しさを増すなか、羽生選手は果敢にそれに立ち向かい勝ち取った、立派な金メダルだと思います。

高橋選手は、おそらく諸々のことが思うようにならない状態で、最善最大の力を出し尽くせたのではないかと思います。
ずっとコーチについている本田君が「笑顔で滑り終えることができて良かった」と解説席で涙声でコメントしていたのに、じーんとしました。
本田君の引退時を思い出すと切ない。

私がフィギュアスケートを見始めたのは、長野オリンピック当時の本田君から。
それから長いこと高橋選手を応援してきましたが、思えば私はずっと同時に本田君を応援してきたような気もしています。
今回のオリンピックでは、他にも、ステファン・ランビエールとジェフリー・バトルの振り付けたプログラムを見るのも大きな楽しみでした。
若手の選手の才能を眩しく眺めながら、どちらかといえば、表舞台には出ていないかつて大好きだった選手たちの今の活躍のほうにフォーカスして観ていたような。

うまく言えないけど、ファンとしてはもう現役ではないというか、一区切りついたというか。
もちろん、これからもたぶんスケートファンではあると思いますが。

高橋君も今後もきっとスケートに関わり活躍してくれると思いますし。
次のオリンピックには女子シングルのキスクラに田村君が座るかなーというのが密かに楽しみだったり。
バトルとランビエールは、これからたくさん名プログラムを作ってくれそうですしね。

そんなわけで、もしかしたらスケートの記事を書くのはこれが最後かもしれません。
これまで数々のドラマを見せてくれた選手たちに愛をこめて。
男子シングルの発展を祈りつつ。

posted by くー at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。