2007年09月04日

ブラシジプシー

前記事のコメントにも書いたので筆のお話を。

ネイルアートを始めた頃は(というか今でもですが)、資材は画材屋さんで調達することがほとんどでした。
筆も画材屋さんをあちこち探し求めて彷徨いました・・・。
でも、爪に描くほど細い面相筆って、画材屋さんにはなかなか無いもので。

ほんと、今はネイル用品が豊富で、プロ仕様のものを素人でも買えるようになって、すごいことですよね。
というわけで今はペイント用には、b-r-sの401ラウンドを使っています。
さすがに使いやすいです。

でも欲を言えば、もっと絵の具の含みがよくて、コシがあるけどしなやかな筆先のがあればなあ〜、と、いまだにちょっぴりジプシーしてます。

で、この前のネイルでは、試しに別の筆を使ってみたのですが・・・
なかなかに良いのですよ。

070904.jpg


右上が今回使用の筆。BUNSEIDOの10/0番です。
(左下はb-r-sのもの)

絵の具の含みがブルーシュよりいいので、さらさらっと描けます。
なんというか、描いていて手首への負担が少ない、と言いますか・・・。
売り場にはコリンスキー毛って書いてありました。
価格もほぼブルーシュと同じです。

ただ、購入できる場所が場所なのですけどね(・∀・;)
踏み入るのにちょっとだけ勇気がいります・・・。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイルグッズやケアなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。