2010年05月21日

ミストラル

MISTRAL 1.jpg

ミストラルって、なんとなくこう、風っぽいもの?となんとなく知った気でいた。
あらためて調べてみて、フランスの南東部に吹く地方風だということを初めて知りました。
うん。無知でした。

そんな色名のついたシャネルの夏のヴェルニ限定色。

試し塗りしたときは、薄付きでキラキラと思っていたのですが、いざちゃんと自爪に塗ってみたら、思っていたよりキラキラ控えめで、ポップなカラーでした。
オモチャっぽい、というかファンシーグッズにあるようなピンクというか?
さすが『ポップアップ ドゥ シャネル』

で、単色全面塗りして、どうアートしようか迷ったまま1週間過ごしてしまいました。
少しポップなテイストなアートにしようと思いなおし、変形斜めフレンチに塗り替えました。

CHANEL 517.jpg CHANEL 407.jpg

あらかじめ、ミストラルで斜めフレンチを作って、あとから薄い透明ピンクベースに微細オーロララメたっぷりのポリで根元を塗りました。
境目に銀ラメで線を引き、ランダムにパステルピンクのホロ1mm、1.5mm、2mmをリズミカルに配置。

MISTRAL 2.jpg

シルバーホロやもっと濃いピンクのホロのほうが良かったかな。
でも持っていないので。 
もっといろんな色のホロが欲しくなりました。

そうそう、ピカエースのパステル丸ホロでも1.5mmサイズのものが出ていたので、今回はそれを使いました。
3サイズそろえると、アートの自由度がぐっと上がりますね。

ピカエース.jpg

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 00:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

カプリチオーソ・カンタービレ

ANTILOPE1.jpg

カプリチオーソ・カンタービレ
気ままに、気まぐれに、歌うように。

ゴールデンウィーク前、映画『のだめカンタービレ』の完結編を観て来ました。
その時にしていたネイル。

CHANEL 187.jpg CHANEL 397.jpg

シャンパンゴールドのパールを全体に2度塗りしてます。
人差し指の鍵盤部分だけ、透明なラメポリで自爪が透けてます。
ピグメントのカラーインクのゴールドで、鍵盤、音符、ト音記号などの音楽モチーフを描いてます。
ト音記号と黒鍵は、上からゴールドラメを重ねてます。
ポイントにト音記号にクリスタライズを1粒。

ANTILOPE2.jpg

ピグメントのカラーインク、使いやすい!
発色はいいし、ムラにならないし、サラサラだし。
写真撮り忘れちゃった。
アクリル樹脂の顔料をベースとしたカラーインクです。
ドクターマーチンのほか、リキテックスからも発売されていました。

今回のアートの元ネタは小さなメッセージカードです。
こういう文具モノって、そのままネイルアートに流用できて好き。

Card.jpg

映画『のだめカンタービレ』は、友人から「お金をドブに捨てるようなもんじゃない?」と言われたけど、じゅうぶん楽しめましたよ。
クラシック音楽好きの方なら、思わず嬉しくなっちゃう部分がたくさんあると思うし、ああ音楽ってこういうものだよなあ、と泣けたり。

前編ではヤマハ以外のピアノが出てきてビックリしました。
ベヒシュタイン。ドイツのピアノです。
千秋がバッハのピアノ協奏曲を弾き振りするシーンでした。
バッハだからベヒシュタイン?とも思ったけど。
後で知ったのだけど、撮影場所がスロバキアの劇場だったらしく、だとしたら単に備え付けがベヒシュタインだっただけかもしれません。
私は残念ながらベヒのグランドの音はあまり聞いたことがないのですが、少なくともヤマハの音ではなかったので、音源もベヒシュタインで演奏されたものと思われます。
後編も何かサプライズを期待したけど、みごとにヤマハのピアノオンリーでした。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 00:23| Comment(14) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

アリス・イン・ワンダーランド

BLUE PEARL 1.jpg

たまにはオンタイムなテーマで。ということで。
『アリス・イン・ワンダーランド』からのインスパイアです。

アリスといえば、やっぱり水色ドレスに白エプロンでしょう。
映画のアリスはもうエプロンはしてませんでしたけどね。

Dior Addict 100.jpg MARY QUANT B-05.jpg

ほぼ色はつかないミルキーブルーで、偏光のブルーパールがよく光るポリでベース2度塗り。
フレンチは、ペタンとした絵の具のまんまみたいなラメパールなしの水色で。
これは以前紹介したマリークワントの前製品。こういうくすみのないポップなカラーがたくさんあって楽しかったのですが。
まだ店頭にあるのかなあ。
ちなみに色番はB-05です。

あとはフレンチラインを縁取るようにレース風のラインとドットを描き入れ、中指のみエンボスアートのリボンを結んでできあがり。

BLUE PEARL 2.jpg

今回はポスカじゃないですよ。
アクリル絵の具の白を使ってます。
なぜかというと・・・

brush 1.jpg

じゃーん。
このような道具を使ってみたからです。

上のはドット棒。点々を打つのはこれで。
下の筆がちょっと変わっていて、毛先がこんなふうになってます。

brush 2.jpg

たぶん、トールペイントをされる方は、こういう形の筆を使うのではないでしょうか。
すみません、トールペイントはやったことがないのであやふやですが。
でもおそらく、トールペイントの技法だと思います。
この筆の傾いている先のほうだけ絵の具をつけて、少しなじませてから線を引くと、グラデーションができる、という。
とっても下手くそにしかできなかったので、うまくグラデーションしてませんけどね。
プロの方は、これでエアブラシ以上の繊細なアートをされているのを雑誌で見たことがあります。

ところで実は映画はまだ観てないんですよねー。
アバターを観に行ったときに、3Dメガネで予告編をたっぷり見ましたが。
アバター、酔ったんですよ。3D酔い。
頭痛と吐き気でへろへろになりながら観ました。
なのでアリスもちょっと躊躇してます。
かといって3Dじゃないので観るのも・・・ねえ。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 03:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

こぼれる菜の花

ECUME 1.jpg

ここのところ、爪先はスクエアオフに整えるようにしてたのですが。
長さが出てくると、先がくるっと内に丸まってしまうので、そろそろ限界かな、
と思っていた矢先、角をガリっと。やっちゃいました。
それに合わせて、短めのラウンドにそろえ直しました。

さてさて。桜の季節は過ぎたけれど、菜の花はまだ元気に咲いてくれています。
けっこう寒い時期から咲き出して、花期が長いですよね。

小さな花が固まりで咲くお花って好きなんです。
菜の花のそんな感じを出せたらいいな、と。
エンボスアートで爪先に4枚小花を集めてみました。
爪も短くなったので、先端にこぼれるように乗せても重くならないかな、と思いまして。

ECUME 2.jpg

ベースは超簡単です。
半透明の白にパール調の微細ラメとパステルグリーンやピンクにチカチカっと光る細かいラメぎっしりのポリを2度塗りしただけ。

CHANEL 213.jpg

エンボスアートを施した中指以外は、パステルイエローの丸ホロ1mmと2mmを散らしてます。

爪先にホロといえば、ご存知MYUさんのネイルなわけですが。

いやもう、こっっっんなに大変な作業だったとは正直思ってませんでした!
MYUさん、恐れ入りました・・・。
小さなホロを1枚1枚はがしてちょんちょんとトップコートをつけながら置いていく・・・
思い出しても頭かきむしりたくなるほど面倒でした。

できあがりはホロのオーロラがキラキラして可愛いんですけど。
ネイルアートって、想像以上に地味な作業が多いのですね・・・。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 00:20| Comment(16) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

青空に咲く桜

BLUE WISH 1.jpg

今日はいいお天気で、桜の花も満開で、うららかな春の日でした。

ネイルも、そんな青空と桜の花の組み合わせ。

CHANEL 387.jpg MARY QUANT A-12.jpg

あらかじめフリーエッジにパールブルーをぼかしておいて、上から透明のラメをたっぷり2度かけ。
この透明ラメは、ボトルではきれいなブルーに色がついていますが、塗るとほとんど色はめだたずに、キラキラの微細なオーロララメだけが光る感じ。

中指と薬指には、アクリリックパウダーでエンボスアートを。
白のパウダーで桜の花を形づくって、あとから花芯あたりを濃いめピンクのパウダーで色づけ。
真ん中にブリオンを置いて出来上がり。

BLUE WISH 2.jpg

無良崇人君のトリグラフトロフィー優勝で、ようやく私にとってフィギュアスケートのシーズンが幕を降ろしました。
シーズン初めは、今だから白状すると、もうあの高橋大輔はもどってこないのかなぁ、と落胆したり。
でも一試合ごとに復調する高橋君を見て、オリンピックに間に合いますように、と祈るように見守ったり。
ショーで果敢に4回転トーループとトリプルアクセルを決まるまで跳びなおす無良君にハラハラしたり。
ヘルニアで結局グランプリシリーズを欠場となり、ああああやっぱりぃぃとヤキモキしてみたり。
そしてオリンピック、ワールドと、本当に強くなった「王者」高橋君を見届け。
ジェットコースターのようなシーズンでした。

選手のみなさん、感動をありがとうございました。
来期もどの選手も怪我なく活躍できますように。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 02:09| Comment(16) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

桜霞

PINK MINK 1.jpg

桜のフラットアートです。

このひとつ前にやっていたネイルもあるのだけれど、今は桜が咲いたようなぱ〜っと明るい気分なので、こちらのネイルで。
家の近所の桜ももうすぐ咲きそうですしね。

CHANEL 109.jpg IPSA N5.jpg

薄付きの淡いベージュピンクに、偏光レッドのパールがたっぷり入ったポリを2度塗り。
透明度のあるラズベリーカラーに、ゴールドやレッドのフレーク状のラメ入りのポリで先端をシロップ。
毎度のポスカで、桜のアウトラインを描いたあと、中をホワイトパールのアート用ポリで塗ってます。
あとは、ホワイトピンクとピンクのパステルホロを並べて。

PINK MINK 2.jpg

霞みたいに、ほわ〜っとした感じがだせたらいいな、と。

ところで、今回はイプサのポリッシュが大活躍したネイルアートなのです。
あまりイプサのポリッシュって見かけないけれど、これ、シロップに使いやすくて私は好きなんです。
2度3度と重ねないと、ボトルのカラーは出ないけれど、それがシロップにするにはちょうどよくて。
ラメが繊細なフレーク状なので、キラキラしすぎが苦手な方にはオススメです。

IPSA N3 N5.jpg

手前がN3、奥が今回使ったN5です。

それともうひとつ。
これは7〜8年前のアイテムなんですが、イプサがアート用として出した小瓶のポリッシュ。
たしか4色ほどありました。
この筆がものすごく優秀なんです!
先がピタッと揃って、ポリの含みもよく、言うことなし。
こういうの、再販してくれないかなあ。

だいぶ以前のネイルですけど、このときお花の部分を描いたのも、このアート用ポリでした。
前は平気でボケボケの写真使ってたのね。

IPSA art.jpg

ブログの更新もちょっとさぼり気味でしたが、また頑張ってUPしていきますね。
今期のフィギュアもワールドが見納め・・・
ではないんですね。まだ応援する試合が残ってる・・・。
トリグラフ杯。
日本時間では2日金曜日の深夜に男子シングルがあります。
無良君が出場するので、気合入れて応援します。
無良君はビッグジャンパーで怪我が多く、特に今回はヘルニアを患った後で心配ですが、ファンは見守るのみ。
4回転、たぶん跳びます。ショートから。
どうか怪我はしませんように。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 02:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

透明な薔薇を連ねて

VIOLET 1.jpg

手描きのバラを爪先に連ねてみました。

透明感のある線描きのバラ、こんなようなシールがあるんですよね。
ぶーさんのところと、明希さんのところで見かけて、可愛いな、と思ってました。

Dior 183.jpg

ベースに、半透明のラベンダーカラーにちょっと大きめのレインボーラメがキラキラ入ったポリッシュを2度塗り。
爪先にバラを線描きすることを想定して、マゼンタピンクとグリーンのポリを薄めてバラの下地塗り。
その上からポスカの白を細筆にとって、バラっぽいものをアウトラインのみで描いてみました。

VIOLET 2.jpg

もちろんシールの完成度にはほど遠いことはわかっているのですが、好きな位置、好きな大きさに描けるところがペイントの魅力でして。
何より安上がりでお手軽なもので・・・つい、ちまちまっと描いてしまう。

フィギュアスケート、ジュニアワールド男子シングルは日本選手の優勝でした。
8年前、ソルトレークオリンピックでは、本田君がもう少しでメダルに手が届きそうだった4位(日本男子歴代最高位)、そしてその直後のジュニアワールドで高橋君が優勝(日本男子初)という、快挙!な年でした。
ようやく、すっごい長い年月を費やしてようやく日本男子シングルもここまできた、と感慨深い年だったように思うけれど。
あれから8年、高橋君はバンクーバーで銅メダル、そしてジュニアのほうは歴代最年少2番目(1番はプルシェンコの14歳)15歳の優勝。
ちなみに今年は女子シングルでも優勝、ペアは2位でした。
もちろん「おめでとう!!!!」なんですが・・・出来過ぎで、素直に喜び爆発というより、なんというか「お、お、おおぉぉぉ・・・」な複雑な喜び方になってしまった。
いつの間に、フィギュア大国、日本。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 01:17| Comment(12) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

早春は薄紫色に

YOKOHAMA TWILIGHT1.jpg

まだ2月にしていたネイルです。
2月は紫色。
なんとなくそういう感じが昔からあって。
今年の春の薄紫ネイルはパープルのストーンを使おう、と決めてました。
それも思い切りよく大きなストーンをごろっと。

いつも大きめストーンをきれいに配置しているショウコさんのところを参考にさせていただきました。
そしたらちょうどそのころ、ショウコさんも「2月は紫」なネイルをUPされていて。
すごい偶然。そして同じように季節を感じる方がいらっしゃった不思議。

YOKOHAMA TWILIGHT2.jpg

使ったスワロは、アメジスト、ライトアメジスト、タンザナイト、パープルベルベットのSS5〜SS14。
ゴールドのラメで1本ラインを入れて、これらのストーンをそれに沿わせてみたのだけれど。
うまくないなあ・・・。
ショウコさんは、ブーケを作成されているので、それで色や配置などのリズムが上手なんだろうと思います。

Dior 076.jpg OPI Y47.jpg

ベースにはほぼ色のつかないモーヴにブルーの微細ラメがたっぷり入った透明カラーを2度塗り。
先端にはOPIのヨコハマ・トワイライトでグラデに。
境目には今回初めてグリッターパウダーを使ってみました。

glep-03.jpg

ラメポリッシュだと、少し色が出すぎだったり、ほんの少しだけラメ感をのせたいだけだったりと、ちょうどいい感を探るのが難しいこともあったので。
ディアローラ、エターナルのジェルコレクションの美爪パウダーというのを使ってみました。
色番はgelp-03。

ジェルコレクションというからには、ジェル用のパウダーなんだと思いますが。
これをトップコートの刷毛にちょんちょんととって爪にのせてみました。
ラメだけを好きな分量だけのせられるので、ほんわりさせたいときには便利かもしれません。

2月、節分の頃になると、空気が薄紫に霞んで見えるんですよ。
ちょうど沈丁花が香ってくる頃。
1ヶ月も前の季節の話だー。
もう3月も半ばになろうとしているのにね。

明日からはシニアに先駆けてジュニアワールド。
フィギュアファンにはまだまだ戦いの季節は終わらない・・・。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 02:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

雪解け水

PERLE ROSEE 1.jpg

タイトルがまた季節感のないことに。
これももっと以前にしていたネイルなんですよね。
オリンピックでわやわやな生活になってて、2月中にアップするつもりだったものがまだ更新できずにいます。やれやれ。

春先の柔らかい光と雪解けをイメージしたものです。
ベースのカラーが大のお気に入りです。
ペールローズ。穏やかなピンク。
コーラル系のような光もラベンダー系のような光も反射する、ほどよいパール感のあるものです。
過去の限定色なのでもう手には入らないけれど。

CHANEL 257.jpg TiNS 004.jpg

爪先に大小のシルバーのラメホロを少しかけて、陽射しを表現。
上の画像で手に持っているポリです。
TiNSの004 the universe。
持っていると何かと便利な1本です。

あとはメタルのモチーフをポイントに。
厚みのあるものだったので、取れにくい小指と薬指だけのせました。

PERLE ROSEE 2.jpg

できるだけシンプルに、ベースのカラーが楽しめるように。
たまに意識してシンプルを心がけないと、感覚が麻痺してゴテゴテネイルになってきちゃうんですよね。

もう3月だよ・・・。
オリンピック終わって一息つく間もなく世界選手権が始まってしまいます。
録画整理しないと。週末には四大陸の放送もあるし。
そんなこんなで寝不足の日々はまだ続く。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 02:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

赤いタータンチェック

FIRE 1.jpg

フィギュア、女子シングルも日本勢全員入賞!おめでとう!!

ネイルは冬の間にどうしてもやっておきたかったタータンチェック。
うん。もう冬じゃないです。
季節感ないです。

これは五輪開幕前にしていたネイルです。
ベースにラメパール無しの真っ赤を塗って、薄いブラックに銀ラメたっぷりの透けるカラーと金ラメでタータンチェック柄を引いて、ラメパール無しの真っ黒でフレンチにしました。
中指にはアクリルパウダーでリボンを結びました。
結び目に金のスタッズを。これ、ちょっとメダルを意識してました。
控えめに応援ネイルでした。

CHANEL 159.jpg CHANEL 219.jpg TiNS 059.jpg

手に持っているのはTiNSの059 the summer night rules。
ブラックベースですが、薄付きです。
黒が苦手な方でも、これくらいなら使えるかもしれません。

FIRE 2.jpg

これでフィギュアは全種目終了しました。
あとは28日のエキシビジョンを残すのみ。
高橋君のは、エキシビバージョンの『eye』が見たかったなー。
見たかったというか見せたかったというか。ステップのレベル要件を気にしないで踊りまくる高橋君、ちょっと世界に見て欲しかった気がします。
『Luv Letter』をやるんですよね。
もちろんこれも高橋君の滑りの良さを堪能できるプログラムで大好きです。
ランビエールは『Ne me quitte pas』かしら。はう〜〜ん。
男子は試合終了後いろいろと論議が噴出しましたので、もうプルシェンコにはぶっとぶような仰天プロを期待しときます。
楽しみだな〜〜。わくわくわく。

banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 01:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 自爪アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。