2010年02月17日

五輪・男子シングルSP

オリンピック、フィギュア男子シングル、ショートプログラムが終了しました。
上位3人がほぼ差のない高得点。
高橋君はその3位につけています。
これ以上ない、絶好の発進です。

1位のプルシェンコのジャンプは本当に圧巻です。
どーなってるんだろう??というくらい、軽々と飄々と4回転を決めてしまう。ほとんど異次元だ・・・。
でも。ステップでは高橋君が上回ってましたヨ!
丁寧に丁寧にステップを踏んで、「踊る」という意味では物足りないかもしれないけど、レベル4という最高の評価をもらってました。

楽曲は日本のアコーディオン奏者として草分けのcobaさん、振り付けは宮本賢二君という、オールジャパンメイドのプログラム『eye』。
高橋君がずっと滑りたいと思っていた曲を自らセレクトし、宮本君とともに完成させていった、その高橋君のストレートな意思が伝わった演技だったと思います。
お客さんも大歓声でした。良かった。

さああとはフリープログラム。
スケートファンの間では、高橋君が4回転に挑むべきか否か、意見がわかれるところだと思いますが、私は跳んで欲しい、と思ってます。
怪我前は、ショートでも1本、フリーでは2本、入れるプランだったのです。
確かに今期、一度も試合で成功していませんが、高橋君にとってフリーで1本だけというのは、おそらく最大の譲歩なんだろうと思います。
だからこそ、スケーター高橋大輔のプライドをかけて、迷いなく思いっきり踏み切ってほしい。

それに、高橋君のフリープログラムは、スケートの魅力はジャンプだけではないことを余すことなく伝えることのできるプログラムです。
仮に4回転1つを失敗したところで、高橋君の伝えたいことはちゃんと表現できるプログラムになってます。
だから、大丈夫。

それにしても、ここんとこ胃は痛いし、今日は歯まで痛かった・・・。
posted by くー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

09グランプリファイナル

過去記事を見ると、けっこうフィギュアの試合ごとに感想書いてたんですね、私。

今年のグランプリファイナルは東京開催だったので、現地観戦することができました。
高橋君ですが、ショートプログラムは「ああ高橋大輔がもどってきた!」と予感させる、素晴らしい出来でした。
本当は高橋君にとっては、この試合もまだ、修正点を確かめたり課題を見つけたりする場のつもりだったんだろうと思います。でもショートで予定外の高得点を出してしまい、フリーで困っちゃった、って感じでしたね。

正直、まだフリーを完全に滑りきることができていなかったり、見違えるように踊れていたショートも足元を見ると危なっかしい、など、完全復活だぁ!と喜べない現状ではあります。
でも、ショートが終わったとき、コーチについている本田君が泣きそうになって長光コーチに抱きとめられるのをテレビで見て、高橋陣営がどれほどギリギリの調整を続けているのか伺えて、胸が締め付けられるようでした。
どうか神様、彼に時間を。
どうかどうか、五輪に間に合いますように。
ファンとしてはそう願うしかないです。

バンクーバーオリンピックまであと2ヶ月。
posted by くー at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

アルパカ牧場

シルバーウィーク、いかがお過ごしでしたか?
私は那須のアルパカ牧場に行ってきました。
いいお天気で、空気は高原なので爽やか。

牧場ではエサを手ずからあげることができます。
アルパカさんがいっぱい寄ってきます。

アルパカ.jpg

え。
もふもふもこもこ・・・じゃない。

アルパカ2.jpg

えーー。。。
夏に毛を刈られちゃってるんだそうで。

でも、おかげでその毛を買うことができました。

アルパカ原毛.jpg

こんな毛色のコ、いたなー、とか思い出してクスクスしたりして。

実はこの原毛が欲しくて牧場に行ったのです。
もちろんアルパカさんにも会いたかったけどね。

もともと『いぬけいと』という本を見て、わんこの毛を紡いでみたいと思って、本に出ていたお店で糸紡ぎの講習を受けてきたのですよ。

スピンドル.jpg

スピンドルという、駒みたいな道具で、原始的に糸を縒ります。
練習用には羊さんの毛を使います。
2時間の講習でこんな毛糸ができました。

講習毛糸.jpg

もうね、羊さんのふかふかの毛を触っているだけでも癒される。
楽しくって、他の動物の毛にも触ってみたくなって。
で、アルパカさんの毛は、ふかふか、というより、ぬめぬめ。
どんな毛糸ができるか、わくわく。

念願の犬毛糸は、まだまだ実家のしばわんこの毛を集め中。
posted by くー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

ドリームオンアイス

フィギュアスケートファンの皆さま、あけましておめでとうございます!

ドリームオンアイス、行ってきましたですよ。
最高でしたですよ!
もう涙鼻水だだもれ状態ですよ。
いろいろたてこんでいて、終演後すぐに新幹線で移動しなければいけないような状況だったんですが、行ってよかった。本当によかった・・・。

スケートのショーは予定出演者がギリギリで欠場とか常なので、実はジュニアの無良選手が見られればいいというつもりで取ったチケットでした。(無良くんは今期からシニア参戦ということで、これからはどんと名前出して応援するっす)
それがまさか復帰する織田くんが見られようとは。
まさか小塚くんのあんな小粋なプログラムが見られようとは。(小塚くんごめん)
まさかまさか、ランビエールが振り付けのフラメンコダンサー、ナハロ氏を伴って来日してくれて、コラボのポエタが見られようとは。
そしてまさかまさかまさか、高橋くんの新SPが見られようとは!

高橋くんの新SP、いいですよ!
抜群にいい!
後になって宮本賢二くんの振り付けだと知りました。(昨シーズン、バチェラレットを振り付けてくれた兄貴〜な方)
ここで詳細な感想を書くのは自粛しておきますが、ご興味のある方は、9日にBSフジで放送ありますのでどーぞ!

いや、詳細な感想書きたいんですけど。
当ブログの趣旨とあまりに違っちゃいますしね。
ここのところブログの更新ができないでいるので、まあ、こんな感じで元気にやっております、というご報告とお受け取りください。
posted by くー at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

世界選手権を終えて

フィギュアスケートファンの皆様、お疲れ様でした!
今年の世界選手権は全体にいい大会でした。

男子フィギュアは、高橋君は残念な結果でしたが、一番好きなジェフリー・バトル選手が優勝してくれたので、最後は手の平真っ赤になるほど手を叩いて大喜びしちゃいました。
嬉しかったナー。
でも、一番応援しているのは高橋選手、一番好きなのはバトル選手、では一番誰のファンなの?ときかれたら迷わず「ステファン・ランビエール!」と答える自分としては、ランビエール選手の不調が深刻かな・・・。
高橋君は、何かアクシデント的なことがあったのかもしれないけど、調整不良だとしたら、来期は修正してこられるでしょう。今度こそ、王者になるのを楽しみに待ちたいと思います。

日本男子は小塚君が頑張ってくれましたしねー。
「3枠確保」「お父さんの成績を超える」と公言したことはクリアした上、初出場組の次世代対決にも勝って小塚君的には完全勝利!
よくやったよぅぅ。うるうる。

それにしても、日本のおなごは強い・・・。
次々とミスを繰り広げる女子シングルの最終滑走で、ノーミス演技を披露した中野友加里さん。
そして派手な転倒の後、すっくと立ち上がって完璧演技で優勝の真央ちゃん。凄すぎる・・・。
大会前にコーチと契約解消したことについて質問されたのに対して「リンクに立てばひとりなのだから」と答えていた潔さがやけに印象に残った試合でした。
posted by くー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

祝・優勝

ちょと遅くなりましたが・・・

高橋大輔クン、四大陸選手権、優勝おめでとう!

FSも圧巻の演技でしたねー。
やっと『ロミオとジュリエット』の完成形を見せてもらえたのかな、という気がします。
強く、美しく、そして圧倒的なロミジュリでした。
これで3月の世界選手権が本当に楽しみになりました。

また今大会は、ジェフリー・バトル選手のいい演技が見られたのも嬉しかったです。
端整で、音楽とともに流れるような彼のスケートが大好きなので。

まだ書きたいことはいっぱいあるのだけれど、ネイルメインのブログなのでこのへんで。
カテゴリも雑談ものでわけておきます。
暇をみて過去記事も見直そう。
posted by くー at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ガトーショコラ

080213_1.jpg


リアルチョコレートは、去年焼いて好評だったガトーショコラを今年も作りました。
見た目は地味〜なヤツですが、食べるとウマーなんですよ、これが。
自分で言うのも何ですけど。

レシピは市販本にのっとっているので、ここに書いてはいけないのかな。
チョコレートとバターを溶かして卵黄と砂糖を混ぜ、アーモンドプードルと小麦粉を入れて、メレンゲを加えて、じっくり焼く。という作り方をしています。
焼きあがったものには、本にはないけれど、グランマルニエをたっぷりしみ込ませてココアを振り掛けます。
これで大人な味に。

2〜3日おいたほうが、より美味になります(*^.^*)

080213_2.jpg


フィギュアスケート、四大陸選手権が開幕しました。
今日は男子シングルのSP。
高橋大輔クンも出ております。
堂々の1位発進。
というか、点数見たときに、思わず我を忘れて「すっげ!!!!!」と叫んでしまいました・・・。
いやはや、もう、何と言いますか・・・。
韓国のリンクは氷も硬いそうですし、靴は1週間前に変えたばかりだとか。
明後日のFPでは4回転を2回入れてくるかもしれませんが、怪我だけはしませんように。
posted by くー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

グランプリファイナル2

惜しかったですね!
高橋大輔クン。
ほんっっっとに僅差。
きっと今日は本人悔しくて眠れないんじゃないかな。

やっぱりランビエールのフラメンコは名作ですねえ。
ルール改定の影響か、昨シーズンの胸を打つようなスピンが見られないのがすごく残念ですが。

これでシーズンは中間折り返し。
やはり世界選手権で勝って初めて「世界王者」と呼ばれるので、高橋くんには3月目指して頑張って欲しいですね。

今夜はエキシビジョンが放送されます。
とっても楽しみ♪
ウィアーやランビエールに比べると「キャー」な声援は少なかった高橋くんですが、その分、送られた歓声は純粋に高橋くんのスケーティングに対するものだと思います。
『バチェラレット』、存分にヨーロッパで披露してください。
高橋大輔のスケートの凄さを見せつけてきてほしい、と思います。
posted by くー at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

グランプリファイナル

ネイルと関係ない記事でごめんなさい。

でも、でもでもでも。
高橋大輔クン、SP1位でしたね!
まずはほっとしました。
本人も「ヨーロッパのお客さんに受け入れられるか」と心配もあったそうなヒップホップ、大喝采でしたね!
プログラム構成点では堂々の最高得点。うるうるうる。

何がすごいって、4回転を飛んだ選手を抑えて、4回転を飛ばずしてトップに立っちゃってるってこと。
(放送ではランビエールが4−3飛ぶのを見ましたが、どうも他にもたぶんライザチェックが飛んだっぽい。
てゆーかファイナルは6人しか出ないんだから、全員放送してください。頼むよテレ朝・・・)

明日(日付今日)のフリーでは大ちゃんも4回転2つを用意してます。
ライバル選手もいいですよ〜。
特にランビエールの珠玉の名作、フラメンコは必見です。
フィギュアに興味ない方が見ても絶対「カッコイイ!」と思うはずです。
それと、線の細い王子様から脱却したウィアー。強くなりましたよね。
ジュニアから上がったばかりのチャンもすごく美しいスケーティングします。
明日も放送時間からすると全員見せてもらえなそうですが。
見所満載です。

あードキドキしてきた〜(またかよ・・・)
posted by くー at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

三菱52型

いつも遊びにきてくださってありがとうございます^^

と、こちらに遊びにきてくださる方で、まさかタイトルのものがおわかりになる方もいらっしゃないか、と・・・。
零式艦上戦闘機。
といってもピンときませんよね。
いわゆるゼロ戦ってやつです。
といってもピンとこないかもしれない、と思い至りました・・・。
スルーしてください・・・。

よーするに、ヒコーキなわけですが、何を思ったかある日父が突然「作りたい」と言って、やおら木を削り始めました。
みるみるうちに形になってしまい、やがて「塗装は吹きつけしたい」と言い出しました。

吹きつけ・・・あーエアブラシかー・・・あー私持ってる・・・。

学生時代、イラスト描こうとか思って買ったのがあったんですよ。
といっても、エア缶にハンドピースが直結しているもので、とても細かい作業はできそうにないので、ネイルに使おうと思ったこともなかったんです。

父に言われ、仕方なく探し出しました。

070621_1.jpg

父の塗装のお手伝い


手伝っているうちに、細かいネイルアートは無理でも、グラデつけるくらいはいけるんじゃないか?と思いました。
近々試してみようと思います。

せっかくなので、どんなんができたのかupしておきます・・・。

070621_2.jpg

記念すべき父のソリッドモデル処女作


banner_b1.gif ←ランキングに参加してマス。励ましのポチッ☆お願いしマス。
posted by くー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。